シミを作らない為には日焼け止めは必須

顔にシミができてしまうと、一気に見た目年齢は上がってしまいます。コンシーラーなどでカバーする手もありますが、メイクで隠そうとすると、どうしても厚塗りになりがちです。メイクの厚塗り感も余計に、老けて見られる原因となってしまう為、シミに悩んでいるとい方は少なくありません。シミを作らない為には、まず紫外線対策をしっかり行う事が重要です。

紫外線を浴びると皮膚が紫外線のダメージから守ろうとして、メラニン色素が多量に生成されます。このメラニン色素が肌に沈着してしまう事で、シミができてしまうのです。ですので、美白の基本である紫外線対策を行う事が、肌の若々しさに繋がると言えるでしょう。紫外線からのダメージから肌を守るには、日焼け止めの使用が有効です。

日焼け止めに含まれる成分は、化学反応や物理的な作用により、紫外線が肌の奥へと入り込まないよう、防ぐ効果があります。顔全体に塗り広げる事で、紫外線から肌をガードしメラニン色素の生成を抑えられるので、日焼け止めはシミ予防には必須アイテムなのです。ただ、十分に塗り広げなければ、日焼け止めが塗れていない部分ができてしまい、日焼けを起こしてしまいます。特に目の周りや小鼻部分、フェイスラインといった部分は日焼け止めが、塗り広げられていないケースが多いようです。

日焼け止めを塗る際は、これらの部分も意識して塗り広げましょう。また、紫外線が当たりやすい鼻は頬といった高い部分は、日焼け止めを重ね塗りする事がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です