シミの原因と種類、対策について

シミには様々な要因が考えられます。もっとも大きな要因として挙げられるのが紫外線であり、他にも加齢や肌荒れ、睡眠不足などがあります。女性ホルモンの分泌が不安定な状態の時にもなりやすいといわれています。原因だけでなく、種類にも色々あります。

最近耳にすることの多い肝斑は、目や口の周りに左右対称に表れることが多く、レーザー治療では症状が悪化することがあります。対策としては、ホルモンバランスを整えたりストレスをうまく解消したり十分な睡眠を確保することが大切です。また、内服薬もよく効くタイプです。そばかすタイプは、紫外線対策を徹底し、摩擦による刺激を与えないように心がける必要があります。

一般的に、紫外線をたくさん浴びると濃くなり、浴びないようにすると薄くなります。幼い頃からたくさん紫外線を浴びてしまった人は、リスクが高くなります。加齢によるシミの場合は、肌が乾燥していることが多々あります。まずは潤い対策を徹底し、十分な水分を保持できるようにケアを行います。

コンディションを上げることでターンオーバーが活性化され、メラニンを含む肌細胞が排出されるようになります。肌の生まれ変わりと同時に薄くなっていきますので、代謝を高めるケアを続けることが大切です。肌荒れを起こしていたり傷があるところに紫外線を浴びるとシミになってしまいますので、肌荒れを起こさないように気をつけることと、トラブルがある時には日除けを徹底することも忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です