丈夫な体は発酵食品で作ろう

発酵食品とはカビや微生物の働きを利用したもので食品を熟成させるので味がまろやかになり美味しく食べられます。また整腸作用があるのでお通じ改善に役立てたり、老廃物を排出する効果もあります。身体に溜まっている老廃物を効率的に排除することで免疫力を上げたり身体を温めてくれます。どんなものがあるのかというと、日本人と発酵食品は切っても切れない関係にあります。

味噌・納豆・漬物・醤油・酢など和食で使われる物の他に日本酒などのお酒・麹など日本だけでも様々な発酵食品があります。海外でいうとチーズやヨーグルト、ワインやビールなども発酵させることで出来るものです。バランスよく摂取することで毎日の健康維持に役立たせることが出来ます。日本人にとって一番簡単に摂ることが出来るのはお味噌汁です。

お味噌汁は昔から一杯の味噌汁で医者いらずとも言われてきました。お味噌汁は長寿食と言われていて具材を変えることで色んな味に仕上がるのと、コレステロール抑制や整腸作用、身体を温めるなど様々な効果があり、また朝食などで手軽に取れるのも嬉しいですね。その他塩分は塩麹、糖分は甘酒を使ってみたり、納豆やココアなども発酵食品で冷え性を改善させたり有害な菌に働く殺菌効果を発揮し、善玉菌を増やすとも言われているので積極的に摂りたい食べ物です。毎日少しずつ取り入れることで健康な身体を作り、風邪にも負けない丈夫な身体作りを作っていきましょう。