家庭でもつ鍋を作る際に知っておきたいポイント

大切な人への贈り物として、百貨店で購入したりインターネットなどを使ってお取り寄せする事が可能になったもつ鍋は、自宅でも作る事ができます。この鍋に使われているホルモンという種類の肉は、多くのスーパーで販売されていて誰でも手軽に入手する事が可能な事に加えて、使われている野菜や調味料も簡単に手に入れる事ができます。しかし、使われている肉が他の部位の物と比べて特殊な為、作り方を間違ってしまうと失敗してしまいます。失敗を防ぐ為にも、家庭でもつ鍋を作る際にはいくつか知っておくべきことがあります。

その中で最も大切なのが、使う肉の下処理です。この鍋に使われているホルモンは一般的な肉に比べて臭みが強いという特徴があります。その為、きちんと下処理をしておかないと完成した時に、肉の臭みが残ってしまい美味しく食べる事ができなくなってしまいます。ホルモンの下処理の方法として簡単なのは小麦粉を使った方法です。

購入してきた生のホルモンに小麦粉を付けて擦ります。臭みが落ちるようにしっかり擦ったら、水で洗い流して水気を拭き取ります。こうする事で。ホルモンの臭みが取れて、料理が完成しても臭みを感じなくなります。

下処理をする事が面倒だという場合や、より手軽にもつ鍋を作りたいという時には、すでに茹でてあるホルモンを使う事をお勧めします。茹でてあるホルモンは生のホルモンに比べて臭いがほとんどないのでそのまま使うことができます。家庭でもつ鍋を作る時、失敗しない為にもポイントをしっかり押さえておきましょう。